<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics --> window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-123901478-1');

完璧なステーキを調理する方法

素早く焼いて、ゆっくり休ませる

グリル、フライパン、または鉄板を使って焼き、肉汁を閉じ込めて表面に焼き色を付けることで味わい豊になります。少し休ませることで、肉は最高の味を出し、柔らかくなります。

1. 焼く30分前に冷蔵庫から出して、室温に戻してください。グリル、鉄板、フライパンをあらかじめ高温にしておきます。

2. ご希望であれば、味付けしても構いませんが、付けすぎないようにします。

3. 鍋にパターの小さな塊を鍋に入れ、切り取った脂身、または牛脂を少量入れて、火を通します。ブーケガルニを使って肉の両面に溶けた脂を好きなだけ塗ります。両面を2〜3分間さっと焼きます。カリカリに茶色になった表面に、肉汁が出てきた瞬間に裏返します。

4. レアがお好きな場合には、焼いた後すぐに取り出して、休ませます。ミディアムレアからミディアムがお好きな場合には、火を弱めて、さらに両面を2〜3分(厚みに応じて)焼きます。できるだけステーキを裏返しせず、焼き過ぎないようにしてください。焼きすぎると肉が乾燥してしまいます。

5. 親指やスプーンの裏側で優しく押して、焼け具合を確かめてください。

6. さて、これで休ませます。可能であれば、皿の上にステーキを置き、アルミホイルで覆って、温かい場所に10分ほど置きます。

7. これで、温かいディナー皿に、温かい野菜と、ソースとともに出す準備ができました。肉を適切に休ませて、全体が温かければ、完全な味わいを楽しむことができます。非常に熱い状態である必要はありません。

8. 最後に、肉を綺麗に切ることのできる鋭いステーキナイフをテーブルに用意します。過度にギザギザのついたナイフでは、お客様が肉をノコギリで切るように切ってしまいます。(これでは、最も柔らかいステーキでも、固い印象を与えてしまいます)。ややギザギザのある、カミソリのように鋭い刃を使うと、食べる体験全体の楽しさが高まります

To find out more call +353 906 432 403 or email info@johnstonebeef.com

HALAL MARK
John Stone Fine Foods - First to receive the National Halal Mark in the UAE

ORIGIN GREEN
John Stone Fine Foods - Working with 'Origin Green' accredited farmers

WORLD STEAK CHALLENGE
John Stone Fine Foods - Wins GOLD at the ‘World Steak Challenge’

John Stone Fine Foods Ltd
Rathmore, Ballymahon, Co.Longford, Ireland N39 T3C3

T: +353 90 643 2403 | F: +353 90 643 2402 | E: info@johnstonebeef.com



© John Stone Fine Foods Limited | Privacy